いつものカラートリートメントがなんか違う!?

いつもビゲンのカラートリートメントを使用しています。今まで4本ぐらい使用しました。今使っているチューブも残りあとわずかです。

昨夜入浴中に使用していたら、とうとう無くなってしまったので買い置きしておいたチューブを引き出しから取り出しました。新しいチューブの蓋を開けようとすると、蓋の端にシールが貼ってあって、なかなかそのシールが剥がれません。イライラ。

でも、はて?今までこんなことあったっけ?これまでこのカラートリートメントでシールを剥がした経験がなかったのです。もう何本も使用しているのに。

それで思い出しました。これまではチューブ全体をフィルムで覆っていたのです。その方法をやめてシールだけに変更したようです。かなりのコストダウンではないでしょうか?使用する側としては別にどちらでもかまいませんが、こっそりマイナーチェンジをしていたんですね!