おばあちゃんと五平餅作り

結婚してからというもの、実家に帰るタイミングを何度も逃して早1年…。

おばあちゃんにいつ帰ってくるんや!と駄々をこねられていたので、仕事の落ち着いたタイミングで久々に実家に帰ってきました。

何をするでもなくここ1年にあった事をおばあちゃんとしばらく話していました。父も母もまだ退職していないので、寂しかったのかな?普段あまり喋る性格ではないのですが、よく話してくれました。

しばらくすると近所のおばあちゃん(お友達かな?)が餅米を渡しに来ました。

なぜに餅米……?とも思いましたが受け取ったおばあちゃんはそのまま炊飯器でもらった餅米を早速炊き始めました。

まだお昼食べたばっかりだけど何するの?と聞いたら「いい餅米もらったで、五平餅作るよ」と。

私が小さい頃よく作ってもらってたあれかー懐かしい…と思っていたら、すり鉢を持ってきて座り始めるおばあちゃん。

「タレを作るで、手伝って」

おばあちゃんのペースに流されてそのまま五平餅のタレ作りへ……。

醤油と砂糖に落花生、あと塩ちょっとをひたすらゴリゴリ……。一時間もしないうちにタレは完成。

ちょうど米も炊けたので、そのまま米を団子型にして焼き、タレをつけて食べました。

「久々に五平餅食べたくなったんよ。あんたがいてくれて助かったわ」とおばあちゃんは言って嬉しそうに食べてました。

後から聞いたら、私が来る前日に近所のおばあちゃんに餅米を頼んでいたらしいです。