東京都知事選 立候補者 いったいだれがふさわしいのか

舛添要一都知事が政治資金流用疑惑などの一連疑惑により辞職してから、次の都知事立候補者として、ずいぶんいろんな人が浮かび上がっています。蓮舫、桜井翔パパの辞退は賢明な判断だと思います。今現在、立候補出馬表明しているのは小池百合子、増田寛也、宇都宮建児等々です。昨日は、石田純一が突然候補者に浮上してきました。あんな軽い人が都知事なんて思いましたが、彼の思いには同感できます。

ただ、投票はしません。だって、彼には到底無理ですもの・・・。現在、私の頭の中にある候補者は、小池百合子、宇都宮建児、まだ出馬表明はしていませんが古賀茂明です。女性としては小池氏に頑張ってほしいという気持ちもあるのですが、寄らば大樹のかげ的な行動が気になります。宇都宮氏は前回の都知事選で1票を投じたこと、自公の推薦候補でないこと、なによりも都知事としてやってみたいという意欲が感じられることです。最後に古賀氏ですが、私は報道ステーションで降板になった最後の放送をみていたのです。

確かに生放送での約束事はあるとおもいますが、あの頃の報道規制に屈せず、自分の考えを通したことに感銘を受けました。ですから、古賀氏が出馬したら1票を投じたいと思っています。