子どもと一緒に公園の滑り台めぐり

最近、子どもが滑り台にはまっています。以前は家で過ごすことが多かった週末が、公園めぐりに変わりました。あちこちの公園に行くようになって、いろいろな滑り台があることが分かりました。

階段の部分がはしご状になっている物や、鎖でできていて不安定な物があります。こういう滑り台は、まだ一人で登ることができません。親の補助が必要なので、一緒に登ったり、体を押し上げて登らせたりするので疲れます。

滑る部分も、ローラーになっていたり、幅が広くて勢いがつきやすくなっていたりします。

子どもの年齢に応じた複数の滑り台がある公園だと、一つの滑り台が混み合うことがないので助かります。

滑り台ひとつにしても、親になって初めて気づくことが沢山あるんだなと思います。