久しく包丁を研いでいないことを思い出しました

私の家では、父が生きていた時は、父が時々台所にある包丁を研いでいました。砥石で包丁を研いでいる姿を見て、こういった石で、包丁を研ぐことが出来るのは、私にとって不思議なことでした。

砥石に水をつけて触ってみると、いい感触がするのも、また不思議な感じがしました。私が小学生の時に、電動缶切り兼包丁研ぎ機が発売されたので、驚いたのですが、私の家では、そういった物を購入することなく、砥石で包丁を研いでいました。

その後、父が亡くなり、包丁を研ぐ人は居なくなりました。私は、包丁を研ぐことを殆どしたことが無かったので、今からさあやりましょう、と簡単にはいかないのが現状です。以前の様な、電動包丁研ぎ機が売っていれば良いのですが、そうもいかないので、私は包丁を研がずに使っていました。

しかし、今日、帰宅途上で家電量販店に寄ると、ワゴンのコーナーで意外な物を見つけました。電動ではないのですが、金属キッチンナイフ用研ぎ器が1080円で売られており、「ロールシャープナー」と書かれていました。”押して引いて約10回。するどい切れ味に!”と書かれていたので、私は、今迄包丁をずっと研いでいなかったことを思い出しました。

この商品は、セラミックナイフは研げないのですが、家にある包丁は金属製のものばかりですので、思い切って買ってみました。まだ使用していませんが、この商品が、役立つことを願っています。